年を重ねると女性の腰痛は悩みが尽きません

更年期と腰痛の関係とは

腰痛は年を追うごとに実感してしまうものです。高齢になればなるほど悩みが増えていくものですね。特に女性は更年期に入った途端に酷さを実感する人が多いといわれ、更年期と腰痛を結び付けてしまう人もいます。男性よりも女性に多いのは骨格の違いがあります。女性ホルモンが更年期により減少していくと骨盤や背骨の靭帯が緩んでしまい、出産を経験している人にはさらにゆるみが酷くなります。整体のように骨格の歪みが血流を悪くしたり、筋肉のコリを酷くさせてしまうという考え方があります。

運動不足と過剰摂取も原因です

年を追うごとに運動する機会も減り、筋力の低下から肥満の状態になっている人は腰痛を訴える場合があります。また、仕事中はいているハイヒールなど靴による骨格のズレが腰痛を引き起こす場合もあります。日頃から自身の健康状態を見つめ、継続的な運動が腰痛を改善させる近道です。特に同じ姿勢を長時間し続けている仕事をしている人は意識的にストレッチを行い、カロリーの過剰摂取に気を遣わなくてはなりません。食事も腰痛改善には大切な要素です。

酷い腰痛にはさまざまな診断が必要です

運動不足や肥満、更年期障害だけでなく、腰痛は内臓疾患や骨粗しょう症が原因の場合があります。慣れない運動をいきなりしてしまっては逆効果になってしまいます。腰痛の痛みが酷い時には筋肉をほぐすために体を温めるとよいといわれています。しかし炎症が酷い場合には患部を冷やさないといけない場合もあり、早急に診察してもらうとよいでしょう。最近では若年性の更年期障害から体の不調を訴える事もあり、さまざまな観点から診察してもらうことが大切です。

むちうちの治療は適切な方法で早期に行わないと後遺症などが発生する可能性もあるので注意が必要だといえます。