うつ病の治療を効果的にするには?辛さを我慢しないで前向きに取り組む方法

処方された薬は正しく服用する

うつ病での治療は、主に薬による投与で状態を見ていきます。この治療で使われる薬は抗うつ剤となりますが、人によっては副作用が見られる場合もあります。そのため、薬が合わず、治療が辛いと感じている人はいないでしょうか?そういうときは、早めに医師に相談していきましょう。そういう場合は別の薬に替えてくれるので、少しは症状も楽になるかもしれません。また、毎回の薬の分量をきちんと守っていくことも大切です。薬は脳の神経に働きかけてくれるものなので、自分で勝手に判断しては効果も期待できませんよ。飲み忘れのないように、正しく服用して治療に専念していきましょう。

カウンセラーと合わない場合は我慢しない

うつ病は薬だけでなく、カウンセリングも心の不安を解消してくれる効果的な方法です。専門の資格を持つカウンセラーが、親身になって患者の話しを聞き出しアドバイスしてくれます。このため、カウンセラーには大きな信頼関係が必要なのですが、人によっては相性が合わない場合もあるでしょう。合わないと感じたら、医師や他のスタッフに伝えていくことが大事です。我慢していたら逆にストレスになってしまうので、別のカウンセラーに替えてもらうか、または他の機関を探していくのもいいでしょう。カウンセリングは、素直に自分の気持ちを話していくことがとても大事です。そのためにも、信頼できるカウンセラーへの影響は大きいです。

治療期間は人によってさまざま

うつ病の治療を始めて完治する 期間は、だいたい1年半から2年ぐらいです。しかし、これも人によって違うので、治療が長期になってしまう人もいます。なかなか治らないからと言って焦ってしまったら、症状が悪化してしまう可能性もありますよ。そもそもうつ病は心の病気なので、そう簡単に治らないということを自覚しておきましょう。ゆっくり時間をかけて心を回復させていくので、余裕を持っておくことです。周りの環境も悪影響とならないように充分に理解してもらい、前向きに受け止めていくようにすれば大丈夫ですよ。

うつ病の治療としてまず挙げられるのはカウンセリングです。言葉にできない場合は、認知療法を行う場合もあります。